そして「なんでもないよ」と言う