自分が死んだら「献体」というのもありかもしれません。