痛車が走り回るこの時代、「痛公用車」があってもいいのではないか?