古部健太というサッカー選手の歩みから教えられたこと。