「可能性」のなかに生きてはいけない!「いま、ここ」を生きるべし