駅のホームふと見上げれば女の白パンツから透けるパンツの柄に夏の思い出が儚く溶けてゆく