自分にも心当たりがありすぎて身もだえしてしまう苦痛青春小説『青くて痛くて脆い』感想文|住野よる