現実は意外と妄想にあふれている。あるものはあるものとして、ないものはないものとして扱う。