読書の効果を最大化するために日本一の書評家がしていること。『一流の人は、本のどこに線を引いているのか』(土井英司)読書鑑賞文。