私は私自身を救うためにブログを書いているのだ。