ぼくが絶対に専業トレーダー(プロトレーダー)にならない2つの理由